苺のショートケーキ 美味しさの秘密

皆様こんばんは!

食欲がとまらないオーナーのひきたです。毎年この時期、今年こそはここで太らないように気をつけようと思うのですが、、止まりまてん。特にお菓子が止まらないのです。どうして脂肪と糖はおいしいのでしょうか。。。

とゆうことで!!今日はNENE cafeのバースデーケーキに使われるショートケーキについて。

まずはジェノワーズのことを書こうと思います。一般的にはスポンジのほうがわかりやすいですね。

スポンジにもケーキ屋さんによっていろいろと特徴がありますが、私がめざしているのは、軽すぎないカステラ寄りなスポンジです。

生クリーム、苺と一緒に食べたときに一体になる、でもスポンジのおいしさも感じるけど、あれ?、この生クリームめっちゃミルキーだし、このケーキ飲めちゃうかも。。

ってところをめざしてます。

そのためにはずせないのが、この写真のような、絹のようにきめの細かい気泡です。よく参考書にリボン状にする。と書いてある作業です。

わたしはこの作業が一番大事だと思っていて、もちろんこのあとの粉やバターを合わせる作業や技術も大事なのですが、ここで卵にどれだけきめの整った気泡を抱かせてあげるかとゆうことを意識してつくっています。店にあるのは小さな卓上ミキサー1台だけですがこれがいいんだと思います。工場や大手のケーキ屋さんが1度に30台以上焼くスポンジに対して、うちの店では8台が限界です。大きなミキサーよりも、狭い範囲を高速回転してくれる小型のミキサーのほうがきめの細かーい、私好みのスポンジを作ることに適しているように思います。

スポンジだけ売ってほしいと言われることもあるのですが、ケーキのご注文を優先させて頂いているためなかなか生産が追いつかず、お断りさせていただくことも、、、(><)

そして、生クリーム。これはなん通りも組み合わせを試して今の配合にしています。

お店を始めたときから心がけているのは、「生クリームっぽいものはつかわない」とゆうこと。ちゃんと牛さんからとれた生クリームを使うこと。

原価や利益のことだけを考えれば植物性のクリームを使うほうが、経営者向きだとゆうのはわっかています。今は各乳製品のメーカーも味のよい植物性クリームをつくっているので、代用品はいくらでもあります。しかし、近年植物性クリームに含まれるトランス脂肪酸はアメリカでは使用が禁止されるほど人体への悪影響が懸念されているんです。悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、がん、免疫機能、認知症、赴任、アレルギー、アトピーなど。やっぱりおいしいだけではだめだと、せっかく自分で店を始めたのだからおいしくて、安全なものを食べていただきたいと。こころからそう思うのです。そして牛さんからとれた生クリームは、ミルキーですごくおいしいです。

こだわった材料だから初めて1年の店だけど、ショートケーキのファンになってくれるお客さまが多いです。これは本当にうれしいことで、すごく励みになるんです。まだまだ不安になる日もありますが、数あるケーキ屋さんからNENE cafeを選んでくれて注文してくださるお客様がいるからこれからもやっていこうと思えます。こんな想いでつくっているケーキをぜひ!たくさんの方に味わっていただきたい!やれることは少ないですがこれからも誠実な菓子作りを続けようと改めてブログ書いてて思いました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

似顔絵ケーキ、キャラクターケーキはNENE cafeで☆